キングダム ハーツ 358/2 Days

「存在しなかった世界」にある城の中でⅩⅢ機関のメンバー達が話をしている。 「哀れ心無きハートレスは心を集める。」 「怒りのキーブレードは心を解き放つ。」 「心は闇に集い、やがてキングダムハーツとなる。」 「主を無くした人の心が織り成すキングダム…

キングダム ハーツⅡ

遠い思い出のようなちぎれた夢。 ちぎれた夢のような遠い思い出。 つなぎ合わせたいんだ。 一緒に。 トワイライトタウンに住む少年ロクサスは、ソラの夢を見るようになっていた。 「またあいつの夢だ・・」 目を覚ましたロクサスは町に出て仲間達と遊んでい…

キングダム ハーツ Re:チェインオブメモリーズ

闇の扉をキーブレードで封印して失われた世界が復活した後、ソラ達はどこだか分からない世界を旅していた。 ドナルドが言う。 「これからどうしよう。」 ソラが言う。 「リクと王様を迎えに行かなきゃ。」 グーフィーが言う。 「でも光への扉なんてどこにあ…

キングダム ハーツ

「まだだよ、まだ扉は開かない。」 「その前にキミの事をもっと教えてよ。」 ソラ、カイリ、リクは幼馴染3人組。 3人は小さな島で暮らしていた。 「キミの旅は夜明けに始まる。」 「太陽が頭上に輝く限り旅は快いものになるだろう。」 「その日は遠くて近…

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

とある王国の姫君に男の赤子が生まれた。 「あの子がそうなのか?」 「あの痣(あざ)がある。間違いあるまい。」 その赤子の左手の甲には不思議な痣が刻まれている。 数日後の深夜、王国は魔物に攻め込まれた。 燃え広がる炎の中、姫君は生まれたばかりの赤…

ドラゴンクエストIX 星空の守り人

「ねえ、誰かいるの?」 「いるのだったら姿を見せてよ。何か言ってよ。」 そんな人々の声が聞こえる。 一体いつの頃からこの世界を見守って来たのだろう。 僕達は天使と呼ばれていた。 主人公の師匠であるイザヤールという上位天使が主人公に言う。 「天使…

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

物語は森の中から始まる。 茶色のネズミが森の中を駆け回っている。 ネズミは沢山運動した後、主人公の上着のポケットに入り込んだ。 ヤンガスが主人公を呼んでいる。 ヤンガは主人公と共に旅をしている男性だ。 「おーい、兄貴ー!」 「こんな所で油を売っ…

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

キーファという金髪の少年が主人公に言う。 「さてと、今日もここに来ることは誰にも言ってないだろうな、主人公。」 「俺達が勝手にここに出入りしてるってお城の誰かにバレたらまずいからな。」 「けど俺は必ずこの島の謎を解き明かして見せるぞ。」 「世…

ドラゴンクエストVI 幻の大地

物語は明け方の森の中から始まる。 焚き火の側で寝ている主人公。 ふと目が覚め起き上がると金髪の女性が話しかけてきた。 「あら?もう目が覚めた?あまり眠れなかったのかしら?」 「無理もないわね。いよいよですものね。」 「ところで彼、どこまで見に行…

ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁

物語は玉座の間から始まる。 パパス王が落ち着かない様子でウロウロしている。 その姿を見かねた大臣がパパス王に進言する。 「少し落ち着いてお座りになってはいかがですかな?」 「う、うむ。そうだな。」 やはり落ち着かない様子のパパス王。 そこへ付き…

ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち 第五章 導かれし者たち

<< 第四章 モンバーバラの姉妹 [一覧] エンドールからはるか東の山奥に名もない小さな村があった。 その村に住む人々は決して表には出ず、よそ者を寄せ付けず、ひっそりと暮らす毎日。 村人たち以外はそんな村があることさえ知らないはずだった。 しかし・…

ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち 第四章 モンバーバラの姉妹

<< 第三章 武器屋トルネコ [一覧] 第五章 導かれし者たち >> これから始まる話は、父親の仇を探し旅をする美しい姉妹の物語。 姉マーニャは踊り子。妹ミネアは占い師。 物語は歌と踊りの町、モンバーバラから始まる。 マーニャがステージで踊っている。 …

ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち 第三章 武器屋トルネコ

<< 第二章 おてんば姫の冒険 [一覧] 第四章 モンバーバラの姉妹 >> ここはエンドールからはるか北にある小さな町、レイクナバ。 この町にトルネコという一人の男が住んでいた。 今は人に使われる身だが、お金を貯めて世界一の武器屋になる、それがトルネ…

ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち 第二章 おてんば姫の冒険

<< 第一章 王宮の戦士たち [一覧] 第三章 武器屋トルネコ >> 昔々ある所にアリーナ姫というそれはそれはおてんばなお姫様がいたそうだ。 その国の王様は姫のおてんばさに頭を抱える毎日。 ある朝、姫を呼びつけたのだった。 「姫様!アリーナ姫様!お父…

ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち 第一章 王宮の戦士たち

<< 序章 [一覧] 第二章 おてんば姫の冒険 >> これはバトランドという小さな国の王宮戦士の物語。 ライアンもその王宮戦士の一人だった。 ある朝、王様は戦士たちをお城の広間に呼び集めた。 「これより王様からそなたたちにお話がある。心して聞くように…