ゲーム ネタバレストーリー まとめ

ゲームのストーリーをまとめていきます。

ドラゴンクエストⅡ 悪霊の神々

はるか昔、伝説の勇者ロトの血を引く若者によって竜王は倒され、世界は光を取り戻した。
若者はその後、一人の女性と共に旅に出て、いくつかの新しい国を築いた。
それらの国は、若者の子どもたちによって代々治められたと伝えられている。
そして100年の月日が流れた。


ここはムーンブルク。ローレシアよりはるか南西の国。
城の中庭では王様と若き姫リンダが平和な語らいの時を過ごしていた。
しかし突然、上空に雷が響き渡り、地震が起きた。


王様が慌てふためく。
「これは、一体何が起こったのだ?誰か、誰かおらぬか!」


兵士が駆け寄ってくる。
「王様、大変でございます!大神官ハーゴンの軍団が我がムーンブルクのお城に!」


王様が言う。
「なに?ハーゴンが攻めてきたと申すか?」
「ぬぬぬ、ハーゴンめ!こうしてはおれぬ。すぐに兵士たちを集めよ!」


兵士が大神官ハーゴンの軍団に次々と倒されてしまう。


王様がリンダ姫に言う。
「よいか、姫よ。おまえはここに隠れているのだ。」
「わしの身に何が起こっても嘆くでないぞ。」


姫が王様の側を離れない。
「お父様・・」


「さあ、早くゆけ!わしはこの事をローレシアの王に知らせねばならんのじゃ。」


大神官ハーゴンの軍勢が王様の目前に迫ってくる。
「うぬ、ここまで来ていたとは!おのれ怪物め!」


王様は魔法で対抗するが、魔物が次々と押し寄せてきてきりがない。
「ぎょえー!」
ついに王様は力尽きてしまう。


リンダ姫が叫ぶ。
「お父様ー!」


一人の兵士が魔物を倒しながら国を脱出する。
「一刻も早くこのことをローレシア王に知らせなくては!」


兵士はなんとかローレシアにたどり着き、ローレシア王に会うことが出来た。
「ローレシアの王様!大神官ハーゴンの軍団がわがムーンブルクの城を!」
「大神官ハーゴンは禍々しい神を呼び出し、世界を壊滅させるつもりです!」
「王様、なにとぞご対策を・・」
兵士はそう言うと力尽きてしまった。


「その勇敢な兵士を手厚く葬ってやってくれ。」
ローレシア王は大臣にそう言うと、主人公王子の方を向いた。
「王子、主人公よ。話は聞いたな?」
「そなたもまた勇者ロトの血を引きし者。そのチカラを試される時が来たのだ!」
「悲しんでいる時間はない。旅立つ覚悟が出来たならわしについてまいれ。」


ローレシア王は主人公王子を連れて王座の間を出ていく。
王座の間を出ると、宝箱があった。
「さあ、主人公よ。その宝箱を開けて旅の支度を整えるがよい。」


主人公が宝箱を開けると、中にはどうの剣と50ゴールドが入っていた。
「サマルトリア、ムーンブルクには同じロトの血を分けた仲間がいるはず。」
「二人の名は、カインとリンダ。」
「その者たちとチカラを合わせ、邪悪なる者を滅ぼしてまいれ!」


主人公はローレシアを出発し、北西の小さな町リリザに立ち寄った。


町人に話を聞く。
「この町を出てはるか北に歩けばサマルトリアの城ですじゃ。」


主人公はリリザの町を出て北へ向かって歩いた。
サマルトリアに着いた主人公。
すぐにサマルトリア王に会いに行った。
「これは主人公王子。よくぞ参られた。」
「わしの息子、カインもすでに旅立ち、今頃は勇者の泉のはずじゃ。」
「カインの後を追い、仲間にしてやって欲しい。」


主人公はサマルトリアの北にある勇者の泉が湧くという洞窟に向かった。
洞窟の奥へ進むと勇者の泉があり、そこには老人がいた。
「勇者の泉へよくぞ参られた。」
「あなたの身体をこの水で清め、偉大なるロトの導きを願ってしんぜよう。」
「ロトの守りよ、勇者とともにあらん!」
「ところでもしや、サマルトリアの王子をお探しか?」
「一足違いであったな。王子はロトの血を引く仲間を求めて今頃はローレシアの城に向かっているはずじゃ。」


主人公はローレシアに戻り、ローレシア王に会った。
「よくぞ無事で戻って来た、王子、主人公よ。」
「先程サマルトリアの王子が主人公を訪ねて来たぞ。」
「しかしそなたがサマルトリアに行ったと知って、また戻って行ったようじゃな。」


リリザの町の宿屋にカイン王子がいた。
「ボクはサマルトリアのカイン王子です。」
「もしや君はローレシアの主人公王子では?いやー、探しましたよ。」
「さあ、チカラを合わせ共に戦いましょう!」


カイン王子を仲間に加えた主人公は、ローレシアの南にある祠へ向かった。
祠の中には老人がいた。
「おお、待っておりましたぞ。このじいは王子様にお教えすることがあります。」
「じつはこの世界には銀の鍵と金の鍵の2つがあり、扉にも2つの種類があります。」
「まずは銀の鍵を見つけなされ。」
「サマルトリア西の湖の洞窟の中に隠されているという話ですじゃ。」


主人公はサマルトリア西の湖の洞窟に行き、銀の鍵を見つけた。


さらにそこから南に向かい、ムーンペタの町へ着いた主人公。
何処からともなく野良犬がやって来て主人公たちの後をついてくる。


町人に話を聞く。
「ムーンブルク城ならこの町の南西の方向だ。まず西へ向かって歩き、さらに南に下ると良いだろう。魔物たちに気をつけろよ。」


ムーンペタの町を出てムーンブルク城へ向かう主人公。
ムーンブルク城内に入ると、そこは廃墟と化していた。


城内にいる亡霊に話を聞く。
「わしはムーンブルク王の魂じゃ。」
「我が娘リンダは呪いをかけられ犬にされたという。口惜しや。」


他の亡霊にも話を聞く。
「ここから東の地、4つの橋が見える所に小さな沼地があるという。」
「そこにラーの鏡が。これを誰かに伝えるまで私は死にきれぬのだ。」


主人公は亡霊に教えられた東の沼地に向かった。
沼地の中にラーの鏡を見つけた主人公。


ムーンペタの町に戻り、後をついてくる犬にラーの鏡を向ける。
主人公がラーの鏡を覗き込むと、なんと鏡は美しい王女の姿を写し出した。
鏡が砕け散り、姫にかけられた呪いがとける。
リンダ姫が言う。
「ああ、もとの姿に戻れるなんて。もうずっとあのままかと思いましたわ。」
「私はムーンブルク王の娘、リンダ。」
「もうご存知かと思いますが、ムーンブルク城はハーゴンの軍団に襲われ、私は呪いで犬の姿に変えられてここに飛ばされたのです。」
「今頃ムーンブルク城は・・。ああ、今は考えないことにいたしましょう。」
「私もあなた方の仲間にして下さいませ。共に戦いましょう。」


ムーンブルクから北へと旅を進める主人公たち。
天高くそびえ立つ双塔があり中へ入ると、一人の男性がいた。
「旅の人、知ってますか?ここがドラゴンの角と呼ばれる有名な双子の塔ですよ。」
「なんでも昔は、向こう岸の塔と吊橋で結ばれていたとか。」
「しかし今はこの有様。どうやったら向こう岸まで行けるんでしょうね。」


塔を登っていく主人公。
途中、兵士がいたので話を聞く。
「おぬし、風のマントを持っておるか?ここからはるか東にある風の塔という所にそのマントはあると聞く。」
「それをつければこのような高いところから少しだけ空を飛ぶことが出来るらしいぞ。」


主人公は風の塔に向かい風のマントを手に入れ、再びドラゴンの角の塔を登る。
風のマントを使いドラゴンの角の塔から飛び降りると、向こう岸のドラゴンの角の塔にたどり着くことが出来た。


そこから東へ進むと、港町ルプガナがあったので立ち寄り町人に話を聞く。
「東の海を渡るとアレフガルドの国です。」
「はるか昔、ロトの勇者とローラ姫はその国からやって来たそうですよ。」


兵士に話を聞く。
「私はこの町に雇われて東の地、アレフガルドからやって来た兵士だ。」
「あの国も今ではすっかり変わってしまって、風の噂では最近王様までが行方知れずになってしまったそうだ。」


船番をしている老人と話をする。
「ほほう、舟に乗りたいと申されるか。しかしよそ者には舟をかさぬのがこの町の習わし。すまんが諦めて下され。」


町を歩いていると、魔物に襲われている女性がいたので助けてあげた。
「危ないところをどうもありがとうございました。」
「私についてきて。どうかうちのお爺さまにも会ってくださいな。」
「さあ、こちらへ。」


主人公たちが少女についていくと、船番をしている老人の前に連れてこられた。
「かわいい孫娘を助けて下さったそうで。なんとお礼を言ってよいやら。」
「おおそうじゃ、あなた達に舟をお貸ししようぞ。」
「この爺に出来るのはそれくらいじゃ。どうか自由に乗って下され。」
「じゃが最近は海がずいぶん荒れてきておる。」
「まずは東の海を渡ってアレフガルドの国のラダトーム城を目指しなされ。」
「そこの王様ならきっとあなたたちのチカラになってくれるじゃろう。」
「気をつけて行きなされよ。」


主人公たちは舟を手に入れた。
船に乗りアレフガルドの大陸を探索する。


ラダトーム城まで来た主人公たち。
王様はやはり行方不明のようだ。
町の人に話を聞く。
「沈んだ財宝の話を知っていますか?」
「ルプガナの港の側に住む商人は、昔はすごいお金持ちだったらしいですよ。」
「なんでも、舟に財宝を積みすぎて北の沖を航海中にその重みで舟が沈んでしまったとか。」


舟で北の沖を探索すると沈んだ舟の財宝を発見することに成功。
ルプガナの港に行き、商人を訪ねる。
「おお、これは沈んだ舟の財宝!これで私は破産せずにすみますよ!」
「ありがとうございました。お礼に我が家の宝、やまびこの笛を差し上げましょう。」
主人公はやまびこの笛を手に入れた。
やまびこの笛を吹くと、紋章があるおおよその場所がわかるらしい。
紋章についてはこの後判明することになる。


アレフガルドの大陸を探索する主人公。
以前竜王の城があった場所は廃墟と化していた。
地下へ降りる階段を発見、地下を進んでいく。
途中でロトの剣を発見し玉座の間に着くと、そこには竜王のひ孫がいた。
「よく来た、主人公よ。わしが王の中の王、竜王のひ孫じゃ。」
「最近、ハーゴンとかいう者が偉そうな顔をして幅を利かせていると聞く。」
「実に不愉快じゃ。」
「もしわしにかわってハーゴンを倒してくれるならいいことを教えるがどうじゃ?」


主人公は頷いた。


「ほほう、やってくれるか!」
「では5つの紋章を集めよ。さすれば精霊の守りが得られるという。」
「かつてメルキドと呼ばれた町の南の海に小さな島があるはず。まずそこに行け!」
「その島はこの城からまっすぐ南に進めばたどり着けるはずじゃ!」
「紋章を集め、精霊のチカラをかりなければハーゴンは倒せまいぞ!」


竜王のひ孫に言われたとおり、南の海にある小さな島までやって来た主人公。
塔があったので中に入ると、一人の兵士が入り口にいた。
「だれに聞いたかは知らぬがそなたたちも紋章を見つけに来たのか?」
「紋章は物ではなく、心の印。」
「おのれの強さの中にその印が刻まれると聞いている。」
「いったいこれはどういうことなのか。」


塔を登っていると、老人と出会った。
「いやいや、何も言わなくても爺には分かっておりますとも、旅の人。」
「ほっほっほ、ついてきなされ。紋章のある場所へ案内して差し上げましょう。」


老人に着いていき、最上階にたどり着いた。
そこにあった宝箱を開くと、中に星の紋章が入っていた。


舟で移動中、南の大陸に城を発見。早速城の中に入り王様に話を聞く。
「はるばるデルコンダルの城によく来た。わしがこの城の王じゃ。」
「もしわしを楽しませてくれたなら、そちたちに褒美を取らせよう。どうじゃ?」


主人公は頷いた。


「ならこのスタジアムの真ん中まで進むがよい。」


主人公がスタジアムの真ん中まで進むと、キラータイガーが入っていたオリが開けられた。
主人公は襲いかかってくるキラータイガーを倒した。


「あっぱれ、あっぱれ。見事な戦いぶりであった。」
「わしからの褒美じゃ、月の紋章を与えよう。そなたたちの活躍、期待しておるぞ。」


デルコンダルの城下町に住む兵士が重要な情報を教えてくれた。
「はるか南の島ザハンに住むタシスンという男が金の鍵を持っているそうだ。」


早速舟で漁師町ザハンに向かった。
町の人に話を聞く。
「漁師町ザハンへようこそ。今男たちは漁に出ていて留守でございますわ。」


町の女の子に話を聞く。
「あのね、海のどこかにサンゴに囲まれた洞窟があるんだって。」
「その洞窟に入るには月の欠片がいるっておばあちゃんがいってたわ。」


町の女性に話を聞く。
「私はタシスンの妻。夫はとても動物好きで、特に犬が大好きでした。」
「でも3年前の冬の漁で夫は帰らぬ人と・・・」
「今あんなことが再び起きぬように、皆が無事に戻ってくるようにお祈りしていたところですわ。」


町を歩いていると、吠えている犬を発見した。
犬について行き辺りを調べると、金の鍵が落ちていた。
主人公は金の鍵を手に入れた。


町の外れに男がいた。
「俺はラゴスという男を追い求めてテパの村からここまで来た。」
「ラゴスは盗人。どこかの牢獄に入れられたと噂に聞いたのだが。」


主人公はローレシアに戻り、金の鍵を使い宝物庫の中に入る。
宝箱の中にロトのしるしが入っていた。


サマルトリアの金の鍵で開く宝物庫にはロトの盾が入っていた。


ムーンペタの町で金の鍵で開く扉の中に老人がいたので話を聞く。
「大きな海のどこかに精霊の祠があるそうじゃ。」
「5つの紋章を手に入れた者はそこで精霊を呼び出すことが出来るという。」
「もっともこの言い伝えが何処まで本当なのか、それは誰も知らんがの。」


アレフガルドの南東部にある岩山に囲まれた聖なるほこらに神官がいて、ロトのしるしを見せる。
「おお、わしは待っておった。勇者ロトの子孫が現れるのを。」
「そなたたちにロトのかぶとを授けよう。」


アレフガルドのラダトームの武器屋に金の鍵で開く扉があり、開けて中に入ると、行方不明になっている王様がいた。
「こんな所まで来るとは仕方のない奴だな。」
「そうじゃ、おぬしらにこの命の紋章をやろう。」
「それをやるからもう行くのじゃ。」
「なに?わしの正体じゃと?」
「わしはただの武器屋の隠居じゃよ、かっかっか。」


舟で未開の地を探索し、水の都ベラヌールにやってきた。
町の兵士に話を聞く。
「おお、これは主人公さま。王様からの伝言を伝えるためお待ちしていました。」
「なんでも炎の祠と呼ばれる場所に太陽の紋章があるという話です。」


舟で未開の地を探索し、地下の町ペルポイにやってきた。
町の人に話を聞く。
「ようそこペルポイの町に。」
「この町はハーゴンの呪いが降りかからぬよう、町を地下に作ったのです。」


町の道具屋に牢屋の鍵が売っていたので買っておく。


兵士が言う。
「私は見た!町の北西、ロンダルキアのふもとで岩山が割れるのを!」
「あれは悪魔のなせるわざ。おお、神よ。」


牢屋の門番に話を聞く。
「私はラゴスという盗人を牢獄に入れておいた。」
「しかしラゴスは逃げ出してしまったのだ。一体どこからどうやって。不思議だ。」


牢屋の中に入れられていた老人に話を聞く。
「大神官ハーゴン様はロンダルキアの山々の中にいる。」
「邪神の像を持つ者だけがロンダルキアへの道を開くことが出来るのじゃよ。」


牢屋の隅にラゴスが隠れていた。
「あは、見つかっちゃった。ボクが噂のラゴスだよ。」
「水門の鍵を返すからもう許してね。ごめんね。」


ムーンペタの町には牢屋に入れられている魔物がいる。
牢屋の鍵を使い魔物を開放するといきなり襲いかかってきた。
魔物を倒すと、床に水の紋章が落ちていた。
主人公は水の紋章を手に入れた。


南東の海に浮かぶ小島に祠があり、そこでやまびこの笛を吹いてみた。
すると、やまびこが返ってきた。
どうやらここが炎の祠のようだ。
炎の祠を進んでいくと、外壁の右側に太陽の紋章が落ちていた。
主人公は太陽の紋章を手に入れた。
これで5つすべての紋章がすべてそろった。


未開の地を探索する主人公。
ムーンブルクの城の南東にテパの村があった。
村人に話を聞く。
「商人仲間の噂では、満月の塔に月の欠片という不思議な石があるそうですよ。」
「でも一体その石にはどんなチカラが秘められているんでしょうね。うーん、気になる。」


別の村人と話をする。
「この村の南に満月の塔と呼ばれるものがたっています。」
「昔はそこへ舟で行けたと聞きますわ。」


村の老人に話を聞く。
「水門を開けよ。さすれば乾ききった川にも流れが戻るであろうぞ。」


老人がいる場所より北側の村の外れに水門があった。
ラゴスから手に入れた水門の鍵を使い水門を開く。
すると水が流れ出し、舟で進むことが出来る川が出来た。
その川を舟で進むと満月の塔にたどり着くことができた。
満月の塔の最上階には老人がいる。
「月満ちてかけ、潮満ちて引く。すべては定めじゃて。」
「ここは満月の塔、さあ、その宝箱を開けるがよい。それも定めじゃて。」


主人公が宝箱を開けると、月の欠片が入っていた。


舟でデルコンダル城の南西にあるサンゴに囲まれた洞窟に向かう。
そこで月の欠片を使うと潮が満ち、洞窟の中に入れるようになった。


洞窟を進むと、中に兵士がいたので話を聞く。
「その昔海の底で火山が爆発してこの洞窟が出来たそうだ。」
「全く、熱くてかなわんよ。」


さらに奥へ進むと祭壇があり、そこに魔物がいた。
「炎の聖堂を汚す不届き者め!悪霊の神々に捧げる生贄にしてやろう!」


襲いかかってくる魔物を倒す主人公たち。
「おのれ、ハーゴン様、バンザイ・・」
魔物は消えてしまった。


祭壇には邪神像が祀られていた。
主人公は邪神像を手に入れた。


デルコンダル城の北に舟で向かうと、精霊の祠があった。
祠の中で集めた5つの紋章を掲げると、紋章が輝き始めた。
どこからともなく美しい声が聞こえる。
「私を呼ぶのは誰です?私は大地の精霊ルビス。」
「おや?あなた方はロトの子孫たちですね?私にはわかります。」
「はるか昔、私が勇者ロトと交わした約束。」
「その約束をはたす時が来たようです。」
「さあ、私の守りをあなた方に授けましょう。」
「いつか邪悪な幻に迷い、戸惑った時はこれを使いなさい。」
「必ずやあなた方の助けになるでしょう。」
「さあ、お行きなさい。ロトの子孫たちよ。私はいつもあなた方を見守っています。」


主人公はルビスの守りを手に入れた。


主人公はロンダルキアの山に向かい、その手前の毒の沼地で邪神像を天に掲げた。
大きな地響きとともに、山の中へと入れる入口が出現した。
山の中のダンジョンを進んでいくと、宝箱があり、中にはロトの鎧が入っていた。
山を抜け、ハーゴン城の中へ入る。
するとそこは何故か、ローレシアの城下町だった。
しかし町の様子がなんだかおかしい。
幻を見せられているようだ。
王様に話を聞く。
「わっはっは、主人公。よくぞ帰ってきた。」
「ハーゴン殿を誤解していたせいでそなたたちにはずいぶん心配をかけたな。」
「しかしもう安心じゃ、ハーゴン殿は実に気持ちのいい人でな。」
「わしも部下にしてもらったのだよ、わっはっは。」
「そなたのこともよく頼んでおいたからな。もう戦おうなどと馬鹿げたことを考えるでないぞ。」


主人公はルビスの守りを使った。
何処からともなく美しい声が聞こえる。
「主人公よ。騙されてはなりませぬ。これらはすべて幻。さあ、しっかりと目を開き、自分の目で見るのです。」


ローレシアの幻が消え、ハーゴン城が真の姿を現した。
城の内部を探索し、悪霊の神々であるアトラス、バズズ、ベリアルを倒し、ついに大神官ハーゴンがいる玉座の前にたどり着いた。
「誰じゃ?私の祈りを邪魔する者は?」
「愚か者め!私を大神官ハーゴンと知っての行いか?」
「覚えておくがよい。私が偉大なる神の使い、ハーゴン様じゃ!」


そう言うと大神官ハーゴンはいきなり襲いかかってきた。
主人公は大神官ハーゴンを倒した。


「おのれ口惜しや。このハーゴン様がお前らごときにやられるとは。」
「しかし私を倒しても、もはや世界を救えまい!」
「我が破壊の神、シドーよ!今ここに生贄を捧ぐ!」
大神官ハーゴンはそう言うと消えてしまった。


突然、主人公たちの周りが炎に包まれる。
その瞬間、破壊の神シドーが召喚され主人公に襲いかかってきた。
主人公たちは、なんとか破壊の神シドーを倒す。


どこからともなく美しい声が聞こえる。
「破壊の神シドーは滅びました。これで再び平和が訪れることでしょう。」
「私はいつまでもあなた達を見守っています。」
「おお、すべての命を司る神よ!私のかわいい子孫たちに光りあれ!」
「さあ、お行きなさい。」


大神官ハーゴンの城を脱出すると、またたく間に城は崩れ去っていった。


竜王のひ孫に会いに行く。
「おお、主人公!よくぞやってくれた。わしはとても愉快じゃぞ。」
「昔のことはともかく、わしたちはいい友達になれそうじゃな。」
「これからはそなたのことを主人公ちゃんと呼ぼう。」
「わしのこともリュウちゃんと呼んでいいぞよ。わっはっは。」


廃墟となったムーンブルク城へ行き、ムーンブルク王の亡霊に話しかける。
「わしはムーンブルク王の魂じゃ。わしに話しかけるのは誰じゃ?」


リンダがムーンブルク王の亡霊に呼びかける。
「お父様、私よ!リンダです!」


ムーンブルク王の亡霊が答える。
「気のせいか懐かしい声が聞こえるような。しかしそんなはずは・・」
「ま、まさか。見える、見えるぞ!お前は王女リンダ!」


リンダがムーンブルク王の亡霊に駆け寄る。
「お父様!」


「おお、そのように立派な姿になって。」
「そなたたちの働きは霊となったこのわしにも感じることが出来た。」
「本当によくやったな。これで何も思い残すことなくこの世を去れるわい。」
「悲しむでない、王女リンダよ。」
「お前はこんなに立派なことを成し遂げたのだからな。」
「それに力強い仲間もいるではないか!」
「主人公殿、これからもリンダのことをよろしく頼みますぞ。」
「さあ、わしは行かなくては。せっかく見えた天国への扉が閉じてしまうわい。」


リンダが言う。
「お父様、私きっとムーンブルクの城をたて直してみせます。だから・・」


ムーンブルク王の亡霊が言う。
「分かっとるよ。お前はわしの娘じゃ。頑張るのだぞ。」
「わしはいつも天国から見守っておるからな。」
「ではお別れじゃ。おお、見える、見える。あれは天国への扉。ありがとう、ありがとう。どうか元気でな・・」
ムーンブルク王の亡霊はそう言うと消えてしまった。


ローレシア城に帰ってきた主人公。
王様に報告する。
「王子、主人公よ。さすがわが息子。勇者ロトの血を引きし者!」
「そなたのような息子を持って、わしは誇らしいぞ。まことによくやった。」
「どうやらそろそろ新しい時代が始まる時が来たようじゃな。」
「主人公王子!今こそお前に王位を譲ろうぞ!」
「引き受けてくれるな?」


主人公は頷いた。


「そうか、よく決心した。皆の者も聞いたな?」
「ローレシアの新しい王の誕生じゃ!」
「さあ、カイン王子も、リンダ姫もこちらへ!」
「これからも3人でチカラを合わせ、平和を守ってくれい!」


こうしてロトの血を引きし若者たちにより世界に再び平和がおとずれた。
カイン王子、リンダ王女、そして主人公王の名は永遠に人々の間で語り継がれてゆくことだろう。