2020-03-04から1日間の記事一覧

龍が如く7 光と闇の行方

東城会系荒川組組長・荒川真澄は幼少の記憶を思い出していた。 時代劇をしている小さな劇団の女形として所属していた真澄は実の母親・よう子から度重なるDVを受けていた。 劇団の座長を務める父親が庇ってくれるのが唯一の救いだった。 横浜での最後の夜を父…